世界に1つだけの花

 

神様の願いを叶えたいありのままプランナー フェリシアです。

 

月曜日です。

また忙しい一週間が始まりましたね。

 

ご主人を会社に、子供達を学校に送り出したら、身だしなみを整えてパート先に出勤。

慌ただしい毎日にもう少し潤いを、と思っていくつかネットワークビジネスにトライしたものの、中々上手く行かず

これがもっと上手く行けば時間の余裕ができるのになぁ〜

 

と、最近ではスマホに表示される「スマホだけで月5万円!」とかいう文句につられてついついメアドを入力してしまうものの、結局時間がなくて読まないメールが溜まるだけ。

 

そんな事態に陥ってしまってませんか!?

 

 

そんなあなたには、今JSAで提案している最新の案件2つがおススメです!

 

ネットワークビジネスに携わってきたあなたですから、その品質の高さについてはよくご存知の事と思います。

 

今回ご案内する2つの案件は、どちらも前例の無いものになります。

 

 

 

1つは、ナスダック上場企業や国策の利権も取れるビジネス。

マーケットがcloseではなくopenなMLMです。

こちらのLINE@に「自由」とメッセージを送って下さい。

成幸人生未知案内@

 

説明動画がご覧になれます。

 

 

もう1つは、再生医療に関わるネットワークビジネスで、暗号通貨も絡んできます。

https://blog.jyosho.xyz/2018/09/15/7067/

パスワードはこちらからタイムマシン@に質問して取得して下さい。

http://bit.ly/2xFLYLQ

 

 

JSAが推奨するのは、ネットワークビジネスの複業。

 

世の中にネットワークビジネスは数多ありますが、

IoT  

AI

FINTECH

を抑えているJSAの案件は最強です!

 

あなたのノウハウコレクター生活にピリオドを打つことができますよ♬

 

 

あなたが経済的自由を手に入れれば、お子さん達が将来就きたい職業を好きに選ぶことができます。

若い脳は可能性が未知数です。

お子さん達の才能の花を咲かせてあげて下さいね!

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

今日も86400分の1秒を大切に、よい1日をお過ごし下さい!!

 

 

 

記事を報告

泣かない赤ちゃん

神様の願いを叶えたいありのままプランナー フェリシアです。

スマホ内のメモを整理していたら、とても良い内容でネタにしようとメモしていたものがあったので、さっさと書きます。

子育て中の親ごさん達は、必ず読んで頂きたいです。

 

💖『子供の日に考える子育ての最大のヒント』💖

5月5日、今日は子供の日ですね。
今日は、子供が一日に一番多く口にする言葉より学ぶ、「子育ての最大のヒント」です。

突然ですが、
多くの幼い子どもが、
一日に一番多く言う言葉が何んだかご存知でしょうか?

答えは、「見て」という言葉です。

子供たちが、欲しい関心のランキングは、以下の通りです。

1位:ポジティブな関心
2位:ネガティブな関心
3位:無関心
(=彼らにとっては、構ってもらえないこと)

つまり、構われないくらいなら、叱られてもいいから構ってもらおうとします。

子供にとって一番怖いのは、
親など大好きな人の「無関心」です。

そのため、子供は「見て」という言葉で大好きな人の注意を引こうとします。

★子供の「見て」に応えてあげる =関心を持ってあげること。

自分が得意になって見せたいものをいちばん大好きな人に見てもらう。

この行為は、すごくうれしい報酬です。

子どもの『見て、見て』は大好きな人にしか言わない言葉、つまり好かれている証拠です。

幼児期の子どもの「ぼく(私)を見て」という欲求に対してしっかり相手をすることは、
その子の学習意欲や社会性の向上に繋がります。

まだ、言葉で会話できない子どもでも、それをうまく表現できない子どもでも、

とにかく子どもたちは、自分のことを見て構って、
できれば笑いかけたり褒めたりしてほしいと願っています。

子供を愛するということは、
子供とよく会話するということ。

子供の日常に関心を払うということです。

いつも親が見ていてくれるという安心感は、
子どもが落ち着いて物事を学ぼうとする
姿勢の基盤作りに他ならないです。

親の何気ない態度が、子どもに与える影響は
軽視できない位とても重要なことです。

★親が子供に無関心でいると…

マザー・テレサの名言にこうあります。
「愛の反対は憎しみではない 無関心だ。」

子供にとって何よりも辛いのは、親など親近者が自分に「無関心」であるということです。

赤ちゃんに無関心であると、
育児放棄・放置(ネグレクト)という最悪な結果を生んでしまいます。

ネグレクトの状態が続いてしまうと赤ちゃんは自分の心(気持ち)を放棄してしまい、表情はなくなり、そしてやがては泣かなくなってしまいます。

ネグレクト(neglect)とは、
英語的には、「無視する」ですが、これは非攻撃的ではありますが、虐待のひとつとされています。

喜怒哀楽の少ない「もの静かな赤ちゃん」は、一見手のかからない「お利口な赤ちゃん」
に見えますが、親からの愛情を非常に感じにくい状態となり、自分の気持ちを心の奥底
にしまいながら成長してしまいますので、大きくなるにつれ、やがては、心の問題が表面化してきます。

無関心は、その対象の存在すらを認めていないのですから、対象に対する思いはないのです。

「無関心には、愛はありません。」

★最も最悪なこととは、
子供が悪い事をした時だけ関心を払うケースだと言われています。

よくあるケースは、
忙しくて、子どもたちが良い子にしている間は放っておいてしまい、何か問題があるとき
だけ子どもに注意を払っている状態が続いているケースです。

このことを繰り返しているうちに、子どもたちは、
「関心をもってもらうためには
“何か悪いこと”をしたり言ったりしなくてはいけない」
と考えるようになり、そういう行動パターンを繰り返すようになります。

まさに、負の連鎖となり悪循環です。

子供の悪い面を直そうとして注意するのは逆効果となります。むしろ悪い面には無関心でいるくらいが重要です。

悪い面を見ても気に留めないようにするのです。

★大切なことは、
忙しくても「見て」に応えてあげることが大事です。

何時間も付き合う必要はありません。
ほんの少しの時間でいいのです。
可能なときには、応じてあげることです。

子供は親に反応してほしくてやっていることなので、
「何?何?」「わぁすごい」とむしろOverreactionしてあげるくらいが理想的な親のReactionです。

忙しいとき、できないときには「あとでね」
でもよいので、とにかく親のReactionが大切です。

子どもが「見て見て!」と盛んに言ってくる時期は、子育ての中でもそう長くはありません。

忙しい手を少し止め、
できるだけ、子どもと向きあってあげる努力や工夫をすることがもっとも大切なことと私は考えます。

 

JSAリーダーが推奨する

【お金のためには働かない】

という状態が何故必要なのか?

 

いいかげん気づきませんか?

 

 

使ったお金は取り戻せますが

育ってしまった子供は、元には戻りませんよ。

 

 

JSAで、お金のためには働かない状態にしたいと思う方は以下の3通りの方法で入り方を質問して下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

①JSAの[email protected]をフォローする

http://bit.ly/2FgkrD1

②wow appで上昇スパイラルのグルチャに参加する

http://bit.ly/2EYEisW

③フェリシアの[email protected]をフォローする

http://bit.ly/2ztxFfA

④どれかにJSAの入り方を質問する

 

JSAで勉強しながら、人生の質と経済力を上昇させよう!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

記事を報告