ニッポン病

1

 

神様の願いを叶えたいありのままプランナー フェリシアです。

 

昨日、セミナー前に人と会いました。

母が資金援助しているベンチャー企業の人。

 

海外の会社の子会社で、年利5.4%に自信を持っている(−_−;)

 

その会社が、今はトークンをやっていると言う。

別に私はそのコインに何の興味もないのですが。

 

最後の方は、私がピザの記念日やら、仮想通貨ではなく暗号通貨が正しい呼び方である、海外では銀行口座を持っている人が少ないので暗号通貨が自由を擁護するツールであることを説明してちょっとしたセミナーをしていた。

 

トークン発行するとか言っている会社の人が、暗号通貨の基礎知識を知らないのです。

 

JSAの勝ち( ̄+ー ̄)

 

 

大手生命保険会社を退職後、やりがいを求めて再就職したそうですが、ESBIの概念を知ってはいるものの長年のEクワドラント生活でニッポンの常識がガチガチに脳みそにこびりついていて、話の噛み合わないことこの上ない。

 

営業なので、成績を上げないと時間給ももらえない。

時間を全て会社に管理されている。

とにかくやる事が多くて忙しいと説明してくる。

 

・・・。

 

完全にDクワドラントです。

 

 

恐ろしいな、と思いながら聴いていました。

きちんと源流に近い上流で情報を取れば、それがいかに酷い状態であるかわかるのに。

 

私がかつて会社で働いていた時も、残業が多い事が美徳であるかのような価値観が蔓延していました。

 

ニッポン病ですな。

 

私は二度とそういう環境には戻りたくない。

 

偶然にこの記事を読んでしまったサラリーマン、OLの皆さん、お疲れさまです。

今あなたがいるその世界、異常ですから。

会社行きたくないなぁ〜

嫌な上司の顔色伺いながら、働くの嫌だなぁ〜

 

そう思っている方は、JSAの説明会に来るといいですよ。

ニッポン病、治してくれますから。

 

説明会のスケジュールです↓

 

お申し込みはこちらからどうぞ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqObGgkmi

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

 

 

 

 

 

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です